1. HOME
  2. 製品・サービス
  3. motionCAT製品

つかいやすい、
つなぎやすい、
つくりやすい、
3拍子揃った高速シリアル通信の
motionCAT製品です。

システム構成に合わせて自由自在にモジュール選択

motionCATは、高速シリアルバス規格motionnetに準拠したモーションコントロール製品です。
マスターボードと各スレーブ間を汎用LANケーブルで接続し、高速シリアル通信にてシステムを制御します。各スレーブには様々なモジュール(モーション、DIO、アナログ、ステッピングモータドライバ)があり、お客様のシステム構成に合わせて自由にモジュールを組み合わせることが出来、無駄なく、省配線、省スロットでシステムを構築することができます。また追加仕様発生時も、モジュールの増設で拡張が容易に行えます。
■特長 
・高速応答
・汎用LANケーブルを使用した通信を採用、省配線
・モータ制御、軸センサ、制御信号線をmotionCATスレーブで集約し省スペースを実現
・モジュールを組み合わせて、独自のスレーブを構成可能

motionCAT製品について

基本性能

■省スロット・省配線・長距離
・系統当たり:50m/32モジュール(32子局)
・モーター制御、軸センサー、制御信号線を減配線
・ケーブルは市販のLANケーブル

■伝送性能
・通信速度:20Mbps Max.
・モジュール数(子局数):32 Max./系統
・サイクリック通信周期(I/O入出力更新 等):8子局→0.12msec  32子局→0.49msec
・データ通信時間(モーション指令送信等):20μ Sec.
・ケーブルコネクタ:LANコネクタ(RJ45)

■制御し易いソフトウェア
・対応OS:Windows/INtime/HCOS(その他のOSはご相談ください)
・CPDシリーズ準拠ドライバー関数、ライブラリ、サンプルソフト
・通信を意識しないシステム構築が可能
・弊社標準CPDシリーズの扱いがあれば容易にソフト構築

マスター・スレーブ構造

スレーブとモジュール

1.スレーブは、1枚のベースモジュールと1~6枚の機能モジュールで構成されます。
2.マスタとの通信を担うベースモジュールとモーション、DIOなど機能モジュールを組み合わせます。
3.モジュールはお好きな組み合わせでご利用いただけます。

型式例:HUG-M2D1 の場合 : 「M2」(2相ステッピングモータドライブ)+「D1」(16in/16out)

接続ルール

合計ライン長:50m以内
スレーブ間ライン長:60cm以上
トップに戻る